« Dr.グリップ | トップページ | 有害業務の定義(S42安発23) »

有害業務の定義

労働安全衛生法では、有害業務を定めており、これに労働者を従事させる場合は、事業者にいくつがの義務を課している。その一つが、健康診断である。

法的に見ると、労働安全衛生法第66条にて、健康診断について定めている。

表は、僕が便宜上つけた名称であるが、一般的にもよく使われる。


安衛法第66条第1項一般健康診断
第2項特殊健診
第3項

有害業務には、2回/年の一般健診・特殊健診を義務づけているが、下図のように思われている。



特殊健診が必要→all→2回/年の一般健診が必要
特殊健診は不要→but→2回/年の一般健診が必要な場合もある。

しかし、実際には、2回/年の一般健診と特殊健診では、対象業務は微妙に両者で異なり、一致しない事は、産業保健関係者にも意外と知られていない。

2回/年の一般健診は、安衛則第45条にて定められている。この対象となる有害業務は、従業員数500人以上で専属産業医を必要とする業務(安衛則13条)と一致する。具体的には、次の業務である。


多量の高熱物体を取り扱う業務及び著しく暑熱な場所における業務
多量の低温物体を取り扱う業務及び著しく寒冷な場所における業務
ラジウム放射線、エツクス線その他の有害放射線にさらされる業務
土石、獣毛等のじんあい又は粉末を著しく飛散する場所における業務
異常気圧下における業務
さく岩機、鋲(びよう)打機等の使用によつて、身体に著しい振動を与える業務
重量物の取扱い等重激な業務
ボイラー製造等強烈な騒音を発する場所における業務
坑内における業務
深夜業を含む業務
水銀、砒(ひ)素、黄りん、弗(ふつ)化水素酸、塩酸、硝酸、硫酸、青酸、か性アルカリ、石炭酸その他これらに準ずる有害物を取り扱う業務
鉛、水銀、クロム、砒(ひ)素、黄りん、弗(ふつ)化水素、塩素、塩酸、硝酸、亜硫酸、硫酸、一酸化炭素、二硫化炭素、青酸、ベンゼン、アニリンその他これらに準ずる有害物のガス、蒸気又は粉じんを発散する場所における業務
病原体によつて汚染のおそれが著しい業務
その他厚生労働大臣が定める業務


一方、特殊健診は、安衛法施行令第22条に定められており、以下の通りである。


高圧業務
放射線業務詳細
特化物取り扱い業務詳細
鉛取り扱い業務詳細
四アルキル鉛取り扱い業務詳細
有機溶剤取り扱い業務詳細


さらに、一部の物質(主として特化物)では、過去に従事した場合で、現在は非従事者であっても健診を要する。(詳細

歯科健診の必要な業務は、安衛法施行令第22条第3項により、次のように定められているが、これは上記ヲに該当するため、年2回の一般健診を必要とする。


塩酸
硝酸
硫酸
亜硫酸
弗(ふつ)化水素
黄りん
その他歯又はその支持組織に有害なガス、蒸気又は粉じん

|

« Dr.グリップ | トップページ | 有害業務の定義(S42安発23) »

法令」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59807/11555117

この記事へのトラックバック一覧です: 有害業務の定義:

« Dr.グリップ | トップページ | 有害業務の定義(S42安発23) »